DSメインの英語学習で、二年ぶり二度目のTOEIC(IP)800点を獲得した話

IMG_0041

一年半ほど前に投稿した、TOEIC(IP)を440点から800点まで引き上げたDSメインの英語学習でしたこと・しなかったことというエントリー。

お陰様で、今なお比較的多くのアクセスを頂いているのだけど、当時使っていたDSのソフトから新しいものに乗り換えたので、今度はそちらをメインに英語学習しまして、一年半ぶりにTOEIC800超えを目指しました。

今回メインで使った教材

もはや、ゲームではなく、教材と呼ぶことにします。

TOEIC公式のトレーニングソフトはいくつかあって、前回は「テスト公式DSトレーニング」でした。今回も同じメーカーが発売しているソフトです。

学習とテストの反復

間違った問題や、わからなかった単語にチェックマークを入れて学習履歴を残せるのは前作からそうなんだけど、今回はテストモードが入っています。(たしか前作にはなかったはず)

これは本家TOEICの二時間とまではいかないものの、30分ほどでTOEICのミニ版を受けられるものです。Part1からPart7まで数問ずつ出題され、結果がTOEIC換算されます。

IMG_0040

ネットワークを使ったあれこれ

ここは僕もいまいちわかっていないのだけど、すれ違い通信とか、インターネットへのアクセスによる機能もあります。学習時間や頻度等によって加算されるゲーム内ポイントのランキングなどを見れたりします。

おそらく、こういった積み重ね(を可視化できるもの)がモチベーションの維持につながっていくのだと思います。

三種類の教材

公式なだけあって、TOEICに特化したトレーニング教材です。

IMG_0037

Part別 練習

文字通り、TOEICのリスニングパート(Part1〜4)、リーディングパート(Part5〜7)のそれぞれの出題形式に沿って勉強できるモードです。

ひたすらに苦手なパートを反復練習することができる上に、それぞれ問題数もかなり多く収録されています(解き進めると出現したりする)。僕もまだ全問は解放できてないです。

オリジナルトレーニング

TOEICのパート別に、解き方やポイントなどの解説を交えた学習ができます。初心者はこのオリジナルトレーニングでそれぞれのパートの特徴を掴んだ上で、ひたすらにPart別学習を進めるのも手だと思います。

ワードブック

単語帳です。音声の再生はもちろん、四択のクイズ形式で自分の実力を測ることもできます。おすすめは熟語モードです。

その後のスコア遷移

前回も載せたスコア遷移だけど、前回から3回ほど受けたので最新版になってます。最初の受験が2010年9月で、最新が2015年9月だからちょうど5年分。

最初はリーディングのほうがよかったのだけど、ある時期からリスニングが伸び始め、今回は80点もの差がつくという。。リーディング勉強すればもっと上がるかな。

toeicGraph

Part別の得点を見てみるとこんな感じ。やはりPart5,6が顕著に低い気がします。

僕はリーディングをPart7->5->6の順で解いているので、時間配分的に当たり前といえば当たり前なのかもだけど、文法・語彙が弱いのは明らか。

toeicGraph2

終わりに

そんなわけで、前回も似たようなこと書いたけど、800点は決して高いスコアではないものの、ほぼDSのトレーニングソフトのみでの英語学習でもTOEIC800点を取ることができるのだ!と感じてもらえれば嬉しいです。